倶梨伽羅剣・大錫杖・石摺不動尊

倶梨伽羅剣

倶梨伽羅剣  

剣に龍が巻きついて剣を呑み込もうとしている。

大変美しい倶梨伽羅剣は不動明王の化身倶梨伽羅不動明王を表わしています。

 

台座(明治)と倶梨伽羅剣(平成)は、奉納の年代が異なります。

最初に奉納された倶梨伽羅剣は金属類回収令により供出され、

台座のみ残っていた。この台座の上に新しい倶梨伽羅剣が2008年に奉納された。

大 錫 杖 

大 錫 杖 

御釈迦様が発明したと伝えられている錫杖です。持ち上げると御利益があるとか?

石摺不動尊

意外と知られていないお参りスポット


 1827年江戸のご信徒により奉納されたものです。

       中興第八世照胤上人(しょういん) 文政105月 開 眼 『裏側』

        中興第十世照阿上人(しょうあ)      天保121   再開眼 『裏側』

知る人ぞ知る隠れお参りスポット

真中の部分がテカテカに光っているのは何故でしょうか?

理由は参拝者が撫でてお参りするからです。

不動明王だけでなく、脇侍の「矜羯羅童子」と「制多迦童子」もよろしくね。

 

[撫で不動]の仏像は、平和大塔四階に奉安されております。

撫で不動(平和大塔四階

ダウンロード
詳しい事を知りたい方はダウンロードして下さい。ガイドA
倶梨伽羅剣・大錫杖・石摺り不動
(知る人ぞ知るお参りスポット)
石摺り不動・倶梨伽羅剣・大錫杖 HP.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 261.2 KB