成田山の正式名称と講社

総門右側の石碑

[成田山金剛王院新勝寺]

正式名称ではないが1707年京都大覚寺の直末になった時に

[成田山金剛王院新勝寺]称す常法談林の寺格を得た。

この時から使用していた名称であるが正式名称ではない。

正式名称は

成田山金剛王院神護新勝寺

この石碑は北海道より運ばれたもので、約一千万円したと言われています

総門の元請け大林組が寄進したものです。 

弥勒寺離末証文

ダウンロード
詳しい事を知りたい方はダウンロードして下さい。ガイドA
成田山の正式名称
成田山の正式名称の移り変わりHP.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 210.2 KB

講社とは

同じ仏様や神様を信仰している人々でつくられた

団体のことで「講社」・「講中」とも呼ばれます。

ダウンロード
詳しい事を知りたい方はダウンロードして下さい。ガイドB
講社の数
講社の数と変化HP.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 160.7 KB