燈明台

灯明台(1894年 明治27年建立)

設計者は佐立七次郎氏(明治初期に活躍した建築家)

現在燈明台は地震により火袋から上が倒壊して無くなっています。

宝珠・笠・火袋が無い。

以前はこの写真の様に、火袋から上の部分もありました。

成田山と関係が深い歌舞伎役者と言えば、

市川宗家(市川團十郎)[成田屋]である。 

燈明台には市川宗家の面々の名前が見られます。

團十郎 左次 小次 九蔵 荒次郎 團子 女寅

この他に15名程の歌舞伎役者の名前が見られる。 

年代から九代目市川團十郎である。

 


1898年(明治31年)成田山東京別院深川不動に

建立された燈明台ですが、成田山の燈明台の

火袋とは少し異なります。(上の写真参照)

設計者は成田山と同じ建築家佐立七次郎氏

 

上部は関東大震災により、無くなりました。

平成20年(2008年)深川公園に移設しています。


この絵葉書の燈明台を、よく見ると右側にはハシゴが掛けてあり

上の方には人が立っているのが見えます。

               成田山霊光館所蔵の絵葉書より

ダウンロード
詳しい事を知りたい方はダウンロードして下さい。ガイドA
灯明台 深川公園の灯明台 設計者
燈明台HP.docx
Microsoftワード文書 476.3 KB

灯籠の各部の名称

 

  宝  珠

    

  火  袋

  中台(受花)

  竿(柱)

  基  礎

  基  壇