聖天堂       2008年建立

成田山 聖天堂

聖天堂内部

大聖歓喜天は象頭人身の単身像と立像で

抱擁している象頭人身の双身像の2つの姿の

形像が多いが、稀に人頭人身の形像も見られる。

聖天堂内にもそれらしき像は見えません。

多くは厨子などに安置され、秘仏として

扱われており一般の前に公開される事は

少ないようです。 

厨子(ずし)とは

 仏像・仏舎利・経典・位牌などを中に安置する仏具の一種



*歓喜天のいろいろ*

浴 油(よくゆ)

油で歓喜天を沐浴させる。銅器に

清浄な油を入れて適温(人肌)に

暖めて、その油を柄杓などで汲んで、

歓喜天の像に油を注ぐ。

 

108回を単位として、1日に7回行う。

 ウィキペディアより


聖天堂の前、左右に奉納されている

二股大根の絵馬

二股の大根は女性を表現していると

言われています。それは何故でしょう?

勧喜天への御供え物は

勧喜団・酒・大根」です。

 

この様に生の二股大根が奉納されている時も。


ダウンロード
詳しい事を知りたい方はダウンロードして下さい。ガイドB
聖天堂HP.docx
Microsoftワード文書 401.8 KB