鐘 楼

成田山 鐘楼

 

鐘 楼

 

光明堂と同じ1701年建立年代が分かっている 

建物では光明堂と共に 境内では一番古い建物です。

 

現在毎日時を告げている鐘楼の梵鐘は

昭和43年人間国宝香取正彦氏鋳造によるものです。

また大本堂前の香閣も同氏の鋳造である。

         

この様な絢爛豪華な鐘楼は他の寺院では、あまり見られない。

朝昼夕の三回門前に時を告げる鐘であるが、

正午には何回なるでしょう?12時ですが十二回ではありません。

答えは該当項目をダウンロードしてご確認下さい。

 

朝は21回、夕刻は11回で朝夕は大師堂の鐘と掛け合いをしています。

(大師堂右側の小さな梵鐘との掛け合い。)

 

成田山では、自動鐘撞き機でなく職員の手で

毎日朝昼夕の3回門前町に時を告げています。 

また成田山では参詣者は鐘を撞くことはできません。 

ダウンロード
詳しい事を知りたい方はダウンロードして下さい。ガイドA
鐘楼 梵鐘 香取正彦(人間国宝)
朝昼夕梵鐘は何回鳴るか? 回数
鐘楼と香閣HP.pdf
PDFファイル 257.6 KB

除夜の鐘は何時撞くのでしょうか?

12月31日「大みそか」それとも1月1日「お正月」 

ほとんどのお寺では最後の108回目は1月1日に撞くそうです。 

何故108回撞くのでしょうか?

一般的には、煩悩の数と云われていますが諸説あるようです。

詳しくは下記のファイルを見て下さい。 

「除夜の鐘」は

毎年12月31日、一年を締めくくる大晦日の日に煩悩の除去を祈って108回の鐘を撞き、

新年を迎える伝統行事です。12/31日は旧い年が除けられる日という意味で

「除日」とも呼ばれ、除日の夜に撞かれることから「除夜の鐘」と呼ばれるそうです。

この行事は心の迷いである「百八煩悩」に由来しており、

108回撞くことで往く年を反省し、来る年に希望を託して

「除災招福」(じょさいしょうふく)を祈ります。

ダウンロード
詳しい事を知りたい方はダウンロードして下さい。ガイドA
除夜の鐘はなぜ108回なのか?
何時撞くのか? 日本三大梵鐘とは?
除夜の鐘HP.pdf
PDFファイル 151.5 KB

知恩院の除夜の鐘

NHKの「ゆく年くる年」で有名な知恩院の鐘

最初の一打は22時40分ころです。

よって除夜には約80回撞き年が明けてから残りの回数を撞きます。

撞木(しゅもく)には子綱が16本、親綱が1本あり、17人の僧侶が持ちます。

撞く回数は煩悩の数108回を一分間隔で撞きます。

子綱を持つ16人の僧侶や鐘の周りにいる僧侶たちが、お経を唱え

ながら綱を数十回引いて一打の準備に入ります。

そして子綱を持つ僧侶達が「え~い、ひとーつ」と掛け声をすると、

鐘側に背を向けた親綱を持つ撞き手が「そ~れ!」という掛け声で

綱にぶら下がり全体重をかけ懇親の一打を撞きます。

これが約1分間隔で108回行われるのが知恩院の除夜の鐘です。

 

知恩院の除夜の鐘動画  click here

 

成田山では朝夕の鐘は、鐘楼の鐘とこの太子堂の鐘とが掛け合いをして時を告げています。

大 師 堂