千手観音菩薩の手はいくつある?

成田山釈迦堂の千手観音菩薩

手が1.000本ある千手観音菩薩


 

手は1.000本あるの?

 

千手観音菩薩像と言えば京都三十三間堂の1.000体の

千手観音菩薩像を思い浮かべる方も多いと思います。

(本当は1.001体あるようです)

 

三十三間堂の堂内中央に本尊千手観音坐像を安置。

その左右には長大な階段状の仏壇があり、

1,000体の千手観音立像が各10段50列に並ぶ。

千手観音立像は本尊の背後にも1体あり、計1,001体である。

 

では千手観音像の手は、1.000本あるのでしょうか?

多くの千手観音菩薩像の手は42本です。

合掌した手が2本と左右20本づつの合計42本です。

数は少ないですが実際に1.000本の手がある千手観音菩薩像もあります。

 

成田山釈迦堂の千手観音菩薩像は、手は42本で顔は十一面です。

 

1.000本(千は無数を意味する)の手はあらゆる方法で

人々を救う千手観音菩薩の慈悲の象徴である。

左右の40本のそれぞれが、仏教でいうところの、25有世界の生物を救うことから

25×40は1.000と考えられている。

故に42本の手を持つ千手観音菩薩像は、多く彫造されているようです。

 

「十一面千手観音」「千手千眼(せんげん)観音」

「十一面千手千眼観音」「千手千臂(せんぴ)観音)」など

様々な呼び方がある。(国宝などは千手観音菩薩で統一)

「千手千眼」の名は、千本の手のそれぞれの掌に一眼をもつとされる事から来ている。

 

観音の中の王という意味で「蓮華王」と呼ばれることもある。

 

ダウンロード
詳しい事を知りたい方はダウンロードして下さい。ガイドA
本当に手は1.000本あるのか?
千手観音菩薩HP.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 403.3 KB

 

千の手と目は、どんな人達でも漏らさず

救済しようとする広大無限の慈悲の心を表しています

災難、延命、病気治癒などあらゆる現世利益にご利益があり、

難産や夫婦円満、恋愛成就にも功徳があるとされている。

また、子年の守り本尊(方位は北)である。

 

餓鬼道に迷う人々を救うとされる。

あの世に行った時、六道の内「天道」に行けないと思う

あなたは千手観音をお参りして救済をお願いしましょう。

  

                                       (てんどう、天上道、天界道とも)
                                  人間(にんげんどう)  
                                  修羅(しゅらどう)
                                  畜生(ちくしょうどう)
                                  餓鬼(がきどう)
                                  地獄(じごくどう)