涅槃会と涅槃図

成田山釈迦堂の掲げられた涅槃図

御釈迦さまが入滅した2月15日には、釈迦堂にて、

常楽会(釈尊涅槃会)が厳修されます。

 

ダウンロード
詳しい事を知りたい方はダウンロードして下さい。ガイドC
涅槃会と涅槃図HP.docx
Microsoftワード文書 1.1 MB

涅槃像は頭北面西(ずほくめんさい)

頭は北向き、面(顔)は西向きのお姿で横になっています。

悟りを開いてから80歳で入滅するまでの45年間、

毎晩1時間このお姿で説法をしたと伝えられています。

北  枕

お釈迦様はこの様なお姿で入滅したことから、日本では釈迦の故事にちなみ

死を忌むことから、北枕は縁起が悪いこととされ、死者の極楽往生を願い

遺体を安置する際のみ許されていた。

『南蔵院(なんぞういん) 福岡県篠栗町

釈迦涅槃像はブロンズ製では世界一とです。

全長41メートル、高さ11メートル、重さ約300トン

 

 

タイのワット・ポーの世界最大の涅槃像

全長46メートル、高さ15メートル

大涅槃像殿内に奉安されています。