額 堂

   国指定重要文化財  1861年建立

   第一額堂(三升の額堂)焼失迄は第二額堂と呼ばれていました。

成田山 額堂

額  堂 

奉納された額や絵馬を飾る為のお堂

 

額堂は東日本大震災で少し右側に傾いた為、耐震補強を実施しました。


四隅には鉄パイプによる

耐震補強が実施された。

2016年5月31日完成

柱は以前「根接ぎ」していた

部分を、今回は金属ベルトで

補強しています。

四隅には鉄パイプが

補強前には(写真上)

鉄パイプはありません



額堂床には向かって左から

梵  鐘・  勝軍地蔵尊・  ・方位盤・ ・七代目市川團十郎の石像・ ・地球儀

[梵 鐘]

 江戸時代(1867年)に鋳造されたと思います。(金属類回収令での供出なし)

   昭和43年迄、門前町に時を告げていた梵鐘です。

[勝軍地蔵尊](しょうぐんじぞうそん)

 勝軍地蔵尊に祈れば、戦いに勝つという地蔵で鎌倉時代以降武家の間で

 信仰されたようです。

[ 位 盤]

  南の方角には東金・勝浦・小湊

  西の方角には東京・福井など

  艮(うしとら)[北東]の方角には

鹿島・佐原・香取等の地名も見えます。

  又北條・大聖寺などの地名も

現在のどかだか分かりますか?

   現在は額堂内への立ち入りが出来ない為

   方位盤上面の写真撮影が出来ません。

  この写真は耐震補強工事中ガードマンに撮影して頂きました。


[七代目市川團十郎の石像]

    七代目團十郎の石像は、自身が奉納した第一額堂内にありましたが

  第一額堂は昭和40年に放火により焼失いたしました。この為石像を

  第二額堂内の現在位置に移設いたしました。

  右の拡大写真を見ると鼻が欠けて修理の跡が見られます。


[地 球 儀]

            作製は、神田岩井町の紀伊国屋伝七が請負、

             技師は村田鉄之助、   鋳工は大島金太郎

  明治40 年(1907 11 月に東京上野の牛肉店の奥平洋三、梅子夫妻が

  店名の「世界」にちなんで、日露戦争の戦勝記念に奉納したものです。

 直径 約110cmの青銅製で、子午環儀の上に23,5 度の傾斜をもって

 設置されていて、大日本帝国の範囲に銀の象嵌を施していました。

 日本帝国を銀色にしたるは目立ちて見せんが為なり、これを看る人能く

 注意して此国を思ひ、彌々将来の発展を図り、益々此色を輝かすことに

 心掛けられたし」と説明があったようです。

 

額堂の彫り物は後藤勇次郎(二代目後藤弥太郎名跡)作

   


額堂左前隅の木鼻龍

創建時は全ての龍には「金具の目があった」が、

現在はこの龍の左目のみに銅製金具の目が残っている。

 他の龍は全て無くなっている。長年の風化によるものと思われます。

ダウンロード
成田山ガイド A
額堂の歴史 奉納物 奉納額
額 堂HP.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 1.1 MB
ダウンロード
成田山ガイド A
方位盤について
方位盤HP.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 307.8 KB

第一額堂(三升の額堂)

七代目市川團十郎寄進の額堂(写真を撮影)

 彫工 長坂猪之助友雅

 

七代目市川團十郎が一千両(現在のお金で一億円ぐらいか?)の

大金をもって1821年に奉納した額堂は、三重塔の傍にあったが、

1965年(昭和40年)不審火(放火)により焼失した。

市川宗家の定紋が三升である為、

 三升の額堂(第一額堂)と呼ばれていました。 

 

三重塔左側に「三升の額堂」が描かれています。

この絵の本堂は、屋根の形から現在の釈迦堂である。

貫首の句碑

貫 首 の 句 碑

中興第十五世   中興第十六世
中興第十五世   中興第十六世

二基の貫首の句碑                 無くなった二基の句碑

エレベーター新設の為に、貫首の句碑は無くなりました。

右の写真は2015年10月撮影

無事に戻って来ました貫首の句碑(2基)(2016.12.23日撮影)


 中興第十七世  中興第十四世
 中興第十七世  中興第十四世
ダウンロード
詳しい事を知りたい方はダウンロードして下さい。ガイドC
額堂周りの貫首の句碑
中興大十四世から十七世までの句碑
額堂周りの貫首の句碑HP.docx
Microsoftワード文書 789.7 KB